病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ さかさまつげが痛いのは、老人性眼瞼(がんけん)内反の疑いが

さかさまつげが痛いのは、老人性眼瞼(がんけん)内反の疑いが

高齢者になると、さかさまつげが生えて
痛いという方が結構います。
若い方でもさかさまつげになる方はいますが、
高齢者の方が圧倒的に多いです。

これは、先の眼瞼(がんけん)下垂でも
ご説明したとおり、瞼を上げるための筋力が
低下し、まぶたにゆるみが出てきたため
まつげの方向が内側に向いて起こる症状です。

老化と共にまぶたを閉じる筋力が低下し、
まぶたが内側へめり込んだ状態となることがあります。
これを老人性眼瞼(がんけん)内反といい、
内側に向かったまつげが目に当たって痛むのです。

目を閉じてまぶたの上から軽くマッサージすると、
筋肉の位置が元に戻って内反がなくなり、
まぶたを開けてもさかさまつげになりませんが、
まばたきをするとまた元に戻ってしまいます。

老人性眼瞼内反になってしまうと、
さかさまつげだけでなく、まぶたそのものも
角膜や結膜を刺激するため、角膜が傷つきやすく
感染の危険性もあります。

そのため、さかさまつげを抜いただけでは
根本的な解決にならず、すぐに再発してしまうため、
手術で余分な皮膚と、緩んだ筋肉の一部を
切除することがあります。

この手術は局所麻酔で、簡単に行うことができます。

たかがさかさまつげだから、と我慢せずに、
眼科医を受診することをお勧めします。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.