病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 眼瞼(がんけん)下垂|まぶたが下がって見えにくい場合は手術も

眼瞼(がんけん)下垂|まぶたが下がって見えにくい場合は手術も

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
目の老化というと老眼を思い浮かべるかと思いますが、
加齢と共に目や、目の周辺では様々な変化が
起きています。

例えば、シワはまず目の周辺からできてきます。
老化と共に皮膚の弾力性が失われ、
皮下の組織が萎縮してきますが、目の周辺は
もともと皮膚が薄いため、皮膚を支える力が
足りなくなり、小さなしわができやすいのです。

また、加齢と共に目がへこんできたり、
まぶたがたるんで下がってくることがあります。
これは、加齢と共に眼球が入っている骨の
へこんだ部分である眼窩やまぶたの
脂肪組織が減少してくることによって起こります。

若い頃は一重でも、年を経るにつれ、
二重になる人もいます。
実はこれも老化現象で、まぶたの筋力が落ちて、
たるんで下がるため、二重になるのです。

このように、年をとると様々な変化が起こりますが、
まぶたを上げるための筋力が低下し、
まぶたが下がってくると、額の筋肉が緊張して
まぶたを上げようとして前額部の皮膚に
しわが寄りやすくなります。
このような状態を老人性眼瞼下垂といいます。

まぶたが下がりすぎると、
視力に影響が出ることがあります。
その場合には、まぶたを上げる筋肉を短くする
挙筋(きょきん)短縮術という手術を行い、
まぶたが下がらなくなるようにします。

皮膚のたるみが大きい場合は、同時に皮膚を
切除することもあります。

手術は局所麻酔で短時間ですみ、
通常は入院の必要もない簡単な手術です。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。