大腸がんの放射線療法

大腸がんの放射線療法は、直腸に癌が発生した場合に
用いられることが多いです。

大腸がんの放射線療法は、人工肛門を避けるため、
または外科手術の前に患部を小さくしておきたい場合や
再発を抑えるため、また再発した場合に、
その症状をやわらげることを目的に行われます。

放射線をガン化した細胞に当てることにより、
がん細胞を死滅させたり、痛みを抑えたりする効果があります。

大腸がんの治療は外科手術が基本なので、
放射線療法は後援するための方法ともいえ、
化学療法やほかの治療法と合わせて行うことで、
がんの根絶を促すものです。

ただ、大腸がんが骨に転移していたり、脳転移など、
手術で除去するのはかなり困難で危険も伴なうような
切除が難しい場合には、放射線療法が
メインの治療法になることもあります。

また、がん治療で考慮に入れなければならないのが、
ガンの再発です。
放射線療法でがん細胞を叩いておけば、
将来再発する可能性を小さく出来ます。

大腸がんの中でも直腸がんは再発率が高いといわれているため、
再発防止に放射線療法を行うことが多いです。

放射線療法の副作用としては、放射線を当てている期間、
放射線をあてる部分の皮膚が赤くなったり、食欲不振、
吐き気や腹痛、下痢、だるさなどの症状が現れることがあります。

また、放射線療法が終了して数ヵ月から数年後に、
放射線をあてたあたりの臓器の異常や、
頻繁な便意、便をもらすなどの副作用が現れる場合があります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:大腸癌の放射線療法 人工肛門 大腸ガンの外科手術 化学療法 ガンの再発 直腸がん 副作用 放射線 放射線療法の副作用 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.