病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 原発性閉塞隅角緑内障|急性の場合は1晩で失明することも!

原発性閉塞隅角緑内障|急性の場合は1晩で失明することも!

緑内障で最も数が多い”原発性緑内障”には、
『閉塞型』と『開放型』の2つのタイプがあります。
この2つは、病気がおこる仕組みや、
治療法が全く異なります。

『閉塞型緑内障』は、その名の通り、
房水(眼球を充たす体液)を排出する
”隅角”がふさがれてしまい、発症します。
正式名称は、『原発性閉塞隅角緑内障』です。

このタイプの緑内障にかかりやすい人は、
50歳以上の、やや遠視気味の女性です。
女性は男性の約2倍発症しやすいです。

原因は不明なのですが、生まれつき眼球全体が
小さく、房水を排出する隅角自体が狭いことが多く、
加齢により水晶体が厚くなり、さらに隅角が
狭くなって房水の排出ができなくなり、
眼圧が高くなって発症すると考えられています。

原発性閉塞隅角緑内障で怖いのは、
隅角が虹彩(角膜と水晶体の間にある薄い膜)
によって急にふさがれて、突然眼圧が高くなり、
目が痛くなり、頭痛や吐き気を伴う
急性緑内障を発症することがあります。

ひどい場合には、1晩で失明することもあるほど
怖い病気です。

閉塞型緑内障でも、急に隅角が詰まらず、
詰まっては解消し、を繰り返すタイプもあります。
この場合は軽い発作を繰り返す場合と、
自覚症状がない場合があります。

どちらの場合でも、眼圧の上昇が繰り返されることで
視神経が圧迫されてゆきます。

このタイプの場合でも、慢性型になる場合もありますが、
急性発作を起こす場合もあるため、注意が必要です。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.