病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 緑内障の様々な原因と、注意すべき人

緑内障の様々な原因と、注意すべき人

緑内障は様々な原因で起こりますが、
最も多いのは、原因が分からない
”原発緑内障”で、緑内障全体の9割を
占めています。

そのほかの原因としては、身体の病気や
他の目の病気が原因の”続発緑内障”、
”先天緑内障”があります。

先天緑内障は、生まれつきのものです。

続発緑内障の原因として、最も多いのは、
糖尿病による緑内障です。

糖尿病が進行して網膜の細い血管が詰まると、
その部分に”新生血管”という血管が
できることがあります。

この新生血管が虹彩や隅角の部分に生じると、
眼圧が上がったり、繊維柱帯という組織が
目詰まりを起こすことがあり、これを
”出血緑内障”といい、治療が困難で、
治りにくい緑内障の筆頭に上げられています。

また、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン薬)を使うと、
眼圧が高くなる人がいます。
すべての人で眼圧が高くなるわけではなく、
体質によります。

念のため、アトピーなどでステロイド剤の点眼や
皮膚軟膏、内服薬を常用している人は、
定期的に眼圧検査をしたほうが良いでしょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.