病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 正常眼圧緑内障~眼圧が正常でも緑内障にかかる!?~|冷え性や片頭痛の人は要注意!

正常眼圧緑内障~眼圧が正常でも緑内障にかかる!?~|冷え性や片頭痛の人は要注意!

緑内障は、『緑内障』という一つの病気の名称ではなく、
視神経が障害を受けて視野や視力が失われる病気の
総称です。

視神経はいったん損なわれると回復しないため、
緑内障で視野や視力が損なわれると、
現在の医学では回復させることは不可能です。
そのため、早期発見、早期治療が大切になってきます。

現在の日本では、中途失明の原因の第一位は
糖尿病網膜症によるもの、そして第二位は緑内障に
よるものとなっています。

このように恐ろしい緑内障ですが、実は、
40歳以上の約30人に一人が罹っているといわれるほど
ごく一般的な病気なのです。

現在緑内障にかかっている人は約250万人と推定
されていますが、実際に治療を受けている人は
約50万人で、8割の方が未発見と考えられます。

緑内障は、視神経が眼圧で押しつぶされる病気ですが、
視神経が耐えられる眼圧は個人によって異なります。
そのため、視神経の抵抗力が弱ければ、たとえ眼圧が
正常でも、視神経がつぶされてしまうことがあります。

これを、『正常眼圧緑内障』といいます。
実は、緑内障の半分が、この正常眼圧緑内障と
考えられています。

以前は見つかりにくい病気でしたが、診断技術の進歩により、
診断できるようになって来ました。

正常眼圧緑内障の患者さんは、冷え性の方や、
片頭痛もちの人が多いという統計があるため、
これらに当てはまる方は、40歳を超えたら、
毎年眼科医にかかったほうが良いかもしれませんね。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.