病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 目薬(点眼薬)、眼軟膏(塗り薬)の正しい使い方

目薬(点眼薬)、眼軟膏(塗り薬)の正しい使い方

眼科を受診すると、目薬(点眼薬)や眼軟こう(塗り薬)を
処方されることがあります。
薬を受け取るときに、薬の使い方の説明を受けますが、
忘れちゃうことってありますよね。

ここでは、目の外用薬の正しい使い方をご案内します。

まず、一番大切なことは、薬をつける前に、
手指を石けんでよく洗うことです。
目は非常に敏感な部分です。
細菌や異物が入って汚れないように、
細心の注意を払いましょう。


《目薬(点眼薬)》

目薬は1滴で十分です。
それ以上差しても、目からあふれ出るだけです。

また、容器の先がまつげなどに触れると、
中の液が細菌に汚染されることがあるので、
気をつけましょう。

遮光用の袋が付いてくる目薬は、光によって
成分が変化してしまうため、必ず袋に入れて
保管しましょう。

『要冷暗所保存』と書いてある目薬は、
できれば冷蔵庫に保管しましょう。
常温保管する場合は、1ヶ月以内に使いきります。

2種類以上の目薬をさす際は、すぐに次の目薬をさすと
目の中で薬が交じり合って効果が弱まったり、
眼から薬があふれ出てしまったりします。
次の目薬をさすまで、5分程度間隔をあけましょう。

○目薬の正しい差し方
1.顔を上に向け、下まぶたを軽く引き、
  下まぶたの上に液を1滴落とします。
2.すぐにまばたきをすると、薬が眼の外に
  押し出されてしまうため、眼を開いたままか、
  静かに眼を閉じて1~2分間そのままにします。
3.目からあふれた液が、目頭にある涙点を通って
  鼻の中やのどの方に入ることがあります。
  目薬をさした後、目頭の辺りを1分間くらい
  指で軽く押さえると、鼻やのどにまわりにくくなります。
4.目から外側に流れ出た液は、ティッシュなどでふき取ります。


《眼軟膏(塗り薬)》

塗り薬は、手に取らずに直接チューブからつけます。
薬をつけた後、一時的に目が見えにくくなることがありますが、
しばらくすると元に戻ります。

目薬と塗り薬の両方を処方されたときは、まず目薬を差し、
5分くらいしてから塗り薬をつけます。

○塗り薬の正しいつけ方
1.下まぶたを引き、下まぶたの内側に、チューブから直接
  米粒大の量の軟膏をつけます。
  チューブの先が、まつげやまぶたに触れないよう注意しましょう。
2.まぶたの上から軽くマッサージをします。
3.チューブは、先端部分をティッシュなどでよく拭いてからふたをし、
  高温や直射日光を避けて保存します。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.