大腸がんの外科治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
大腸がんの治療では、ガンの進み具合に関わらず、
がんの部分を取り除くことが治療の原則になります。
癌を取り除いたあと、がんが再発しないようにするため
薬物治療などの他の療法をを行うことがあります。

早期の大腸がんで、転移の可能性が低い場合に
内視鏡治療が行われます。
大腸カメラと呼ばれる内視鏡の先に、
腫瘍を切り取る小さな器具をつけ、
モニターで大腸内部を観察しながら腫瘍を除去します。

内視鏡治療は手術と異なり、お腹を切る必要がないため
患者の体に掛ける負担も少なく、回復までの期間が
短いという利点があります。

内視鏡治療が出来ない場合は、手術を行います。
がんの発生している部位や広がり方、
癌の進行度に応じて手術の種類を決めます。

結腸(けっちょう)切除術、回盲部切除、結腸右半切除術、
横行(おうこう)結腸切除術、直腸局所(ちょくちょうきょく
しょ)切除術 、
前方切除術、直腸切断術、腹腔(ふくくう)鏡下(きょうか)手術
などの術式があります。

ope1.gif

大腸の一部を切りとる手術を行った場合には、
残った大腸をつなぎあわせたり、
人工肛門をつける場合もあります。

また、がんが進行して他の臓器に転移している場合は、
その臓器も切除することもあります。

大腸がんの外科手術で増えているのが、腹腔鏡下手術です。
腹腔鏡下手術では、通常の手術のようにはお腹を切り開かず、
腹部に小さな穴を数ヵ所あけ、炭酸ガスを入れてふくらませ、
穴から内視鏡の一種である腹腔鏡を差し込み、
カメラのモニターを見ながら細長い器具を入れて手術する方法です。

腹腔鏡下手術も患者の負担が少ない手術といえます。

がんが再発して腸閉塞が起き、便が通りにくくなった場合は、
便の通り道を別に作るバイパス手術や
便の出口となる人工肛門をつけ、QOL(生活の質)の
向上を図る場合もあります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:大腸がんの治療 内視鏡治療 大腸カメラ 結腸切除術 腹腔鏡下手術 人工肛門 ストーマ 大腸癌の外科手術 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。