病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ 腰痛 ≫ 椎間関節性腰痛症|朝は腰痛で起きれないが、体を動かすうちにあまり痛くなくなる腰痛|症状と治療法

椎間関節性腰痛症|朝は腰痛で起きれないが、体を動かすうちにあまり痛くなくなる腰痛|症状と治療法

椎間関節性腰痛症は、椎間関節、いわゆる背骨が
炎症をおこして痛みが起きる腰痛です。

背骨は背骨は椎骨という骨が積み重なってできていますが、
この背骨に何らかの物理的なストレスがかかって
引き起こされるのが椎間関節性腰痛症です。

腰だけではなく、ももやお尻、足にまで
痛みやしびれの症状がおきることもあります。
また、肩や首も痛むことも、しばしばあります。

ぎっくり腰のような急性の椎間関節性腰痛症は
30代を中心に多くみられます。

一方慢性の椎間関節性腰痛症は、
中高年に多い腰の痛みです。
朝は腰が痛くてなかなか起き上がれないけれども、
昼間、体を動かすうちに痛みをあまり感じなくなる、
というのが痛みの特徴です。

急性の椎間関節性腰痛症、いわゆるギックリ腰は、
いわば「腰部の関節のねんざ」ともいえます。
関節がねんざすることによって、関節が強く
引き伸ばされたり、小さな傷が生じたりしている状態です。

そのため急性の場合の治療は、損傷した関節組織が
早く修復されるように、冷却と安静、そして固定が
一番です。

一方、中高年に多い慢性の椎間関節性腰痛症は、
若い頃からの運動不足や、日常生活でのストレスや、
姿勢の悪さから来るコリや疲労が原因のため、
筋肉を鍛えて、かたくなった筋肉をほぐしてやることで、
症状を改善することができます。

過度な運動は背骨に負担をかけて、
症状を悪化させることがあるので、
無理を感じない程度の運動を行います。
30分程度のウォーキングが最適です。

ゆるやかな刺激は背骨のゆがみを整え、
椎間関節を改善します。

また、無理のない程度に背筋・腹筋運動をして、
腰周りの筋肉を鍛えることも、椎間関節性腰痛症の
治療として有効です。
筋肉をつけることにより、背骨を支えて、
腰痛を起こしにくい身体に変えてくれます。

姿勢を改善することも大切です。
コルセットをつけて骨盤を安定させたり、
骨盤体操などで正しい姿勢を身につけたりしましょう。

ただし、何をするにも無理は禁物です。
痛みを感じない程度に、無理はしないでください。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
| 腰痛 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.