病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ 腰痛 ≫ 慢性腰痛の85%はストレスが原因! 検査で原因が分からない人は、ストレスが腰痛の可能性が!

慢性腰痛の85%はストレスが原因! 検査で原因が分からない人は、ストレスが腰痛の可能性が!

ストレスといえば”万病の元”ですが、実は腰痛も
ストレスが原因の場合が多いのです。

ほとんどの人が一度は経験する腰痛。
再発や慢性化も多いのですが、従来は
過度な負担が腰にかかることや加齢などが
原因だと考えられてきました。

しかし、実際にはエックス線や磁気共鳴画像装置(MRI)
などによる画像検査で原因が特定される人はわずか15%で、
残り85%の人は肉体的には原因が特定できないのです。

このタイプの腰痛には「ぎっくり腰」も含まれ、
多くは放っておいても痛みは消えますが、
従来の治療法である”安静を保つ”と、
筋肉が硬直したり、気がめいってうつ傾向が強まり、
さらに体を動かさなくなる「痛みの悪循環」に
陥ることがあります。

欧米では早くから腰痛の再発や慢性化には、
心理的、社会的な要因が非常に深く関わっている、
とされてきました。

ストレスが溜まると自律神経に乱れが生じ、
筋肉が緊張したり、血流が悪くなったりして、
腰痛が引き起こされます。

考えてみれば、肩こり=ストレスの図式は
定着しているのですから、
腰痛=ストレスももっともな話しですよね。

福島県立医科大学附属病院などでは、
整形外科と心身医療科が連携し、体と心の
両面から腰痛を治す治療法である
”リエゾン治療”に取り組んでいます。

整形外科では痛みを和らげる治療や、
リハビリ療法で筋力の回復を図っていく一方、
心身医療科では腰痛の原因であるストレスを
軽減するために、心理療法を用いて
治療が行われています。

そこまでしなくても、私たちも自律神経のバランスを
整えることで、ストレスをコントロールし、
腰痛を治療することは十分可能です。

自律神経のバランスを整えるには、
1.適度な運動をすることにより、全身の血流を良くします。
2.生活のリズムを整え、体内時計のリズムを整えます。
3.楽しめる趣味を持ち、ストレスを発散します。

安静にしすぎず、できるだけ普段どおりの活動を行い、
腰痛やストレスとうまく付き合いましょう。

数年前に"最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学"
でも取り上げられていましたが、今後は腰痛と
ストレスの関係ももっと研究が進むかもしれませんね。


とはいえ、慢性腰痛のうち15%は原因が特定できるため、
安易に自己診断せず、気になる場合は
医療機関を受信しましょう。

原因が特定できる腰痛には下記の病気があります。
・椎間板ヘルニア(4~5%)
・脊柱管狭窄症(4~5%)
・骨粗しょう症による圧迫骨折(4%)
・感染性の脊椎炎(1%未満)
・がんの脊椎転移(1%未満)
・解離性大動脈瘤(1%未満)
など
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
| 腰痛 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.