病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ タバコを誤飲したとき|水、牛乳は飲ませないで!

タバコを誤飲したとき|水、牛乳は飲ませないで!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
タバコの致死量は、大人で2本分、子供では1本分です。
そのため、赤ちゃんがタバコを食べてしまうと慌ててしまいますが、
まずは落ち着いてください。

たばこからニコチンが溶け出すには時間がかかるうえ、
胃液の中では吸収がゆっくり進みます。
たとえ吸収されたとしても、ニコチンの嘔吐反射で
吐き出してしまうため、重症になることはまれで、
たばこの誤飲が原因の死亡例の報告もないそうです。

そのため、誤飲量が2cm以下であることが確認できれば、
指をのどに入れて吐かせるだけで十分とされています。

また、タバコを飲んだ量が不明でも、嘔吐や、よだれの増加、
呼吸切迫、けいれんなどの中毒症状が出ていなければ
吐かせるだけでよく、タバコを飲んでから4時間たっても
中毒症状が出なければ、問題ないとされています。

慌てて水や牛乳を飲ませると、タバコの成分が
溶け出るのを早めてしまうので、
絶対に飲ませないようにしてください。

よく空き缶に水を入れて灰皿代わりにしている人がいますが、
この水を飲んだ場合は要注意です!
すでにニコチンが溶け出た水を飲んでしまったことになるため、
少量でもとても危険です! 
直ちに救急車を呼んで病院へ行き、処置を受けて下さい。

鼻から管を入れて洗浄液を流し込み、吸引する
胃洗浄が行われることが多いですが、大変辛い治療です。

子供のタバコの誤飲の全責任は、保護者にあります。
お子さんの手の届くところに、タバコを置かないように
十分注意してください。


■中毒110番

●タバコ誤飲専用:072-726-9922(録音テープ)

●大 阪:072-727-2499

●つくば:029-852-9999
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。