病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 大腸がん ≫ 大腸がんの診断から治療までの流れ

大腸がんの診断から治療までの流れ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
大腸がんと診断された場合、
その治療方針は大きく3つに分かれます。

sinsatsu1.gif

まず、大腸がんが早期だった場合、内視鏡で治療します。
そして、再発の可能性が低い場合は
そのまま経過を観察しますが、
再発の可能性が高い場合は、
必要に応じて追加の治療を行います。

中期以降の大腸がんと診断され、
手術が出来る場合、手術療法が行われます。
直腸がんの場合は、放射線療法が行われる場合もあります。
その後、抗がん剤による薬物療法が行われることもあります。

末期の大腸がんで手術が出来ないと診断された場合、
または再発した大腸がんの場合は、抗がん剤による薬物療法や、
放射線療法がおこなわれます。

放射線療法は、大腸がんに放射線を照射し、
がん細胞を消滅させる方法です。
体に放射線を浴びることで倦怠感や食欲不振、
下痢などの副作用もあるため、
放射線療法を選択するには慎重に決めていかねばなりません。

その他に、自らの病に対する抵抗力を
治療に活かそうとする免疫療法もあります。
患者の免疫力を高めることで
がんに立ち向かおうとする方法であり、
手術等を受けた後に、免疫を高める薬剤等を摂取し、
回復を目指すものです。

漢方療法や遺伝子療法なども、現在研究が進められています。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。