病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 鉤虫(こうちゅう)症の症状と治療法

鉤虫(こうちゅう)症の症状と治療法

鉤虫症とは、線虫類の一種の鉤虫(こうちゅう)が
小腸に寄生して起こる腸管感染症であり、
寄生虫病です。

日本国内の患者数は非常に少なくなりましたが、
一部の農村では未だに流行が見られ、
また最近では、海外旅行中に感染する人も
見られるようになりました。

世界的には、熱帯から温帯地方に広く見られる
寄生虫病で、世界中で約10億人が感染していると
みられています。

鉤虫の幼虫が付着した野菜などを食べて
感染する場合と、土壌中の幼虫が、
手足の皮膚から入り込んで感染する
経皮感染とがあります。

幼虫は体内に入ると、小腸まで体内を移動し、
そこで成虫になります。

少数感染では無症状ですが、多数感染すると、
幼虫と成虫による症状が現れます。

幼虫は、経皮感染した際に皮膚炎を起こします。
また、体内を移動する際に、一過性の
肺炎を起こします。

成虫は小腸粘膜で吸血するため、鉄欠乏性貧血を
引き起こします。
また、動悸、息切れ、めまい、頭痛などの症状も
あらわれます。

便内の虫卵検査を行って、診断します。

治療には、コンバントリンを使用します。
1回の内服で効果があり、副作用もほとんどありません。

便内の虫卵からは直接感染することはないため、
排せつに関する特別な処置は必要ありません。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.