病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 熱中症の予防と対応|この症状って熱中症?

熱中症の予防と対応|この症状って熱中症?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
熱中症は屋外で運動したり、労働で体を動かすと
かかりやすいと思われがちですが、
屋内でも温度と湿度が高ければ、罹ることがあり、
毎年お年寄りを中心に、屋内での熱中症が
多発しています。

特に今年の夏は、エアコンを控える人が多く、
屋内での熱中症が心配されます。

ところで、”熱中症”といっても、具体的に
どのような症状で、どのように対処したらいいか
よく分からない方も多いでしょう。

軽症(Ⅰ度)の熱中症の症状は、
大量の汗をかいたり、めまいや立ちくらみがしたり、
筋肉痛が起こったり、筋肉が痙攣するこむらがえりが
おこったりします。

中等症(Ⅱ度)の熱中症では、
頭痛や吐き気を訴えたり、嘔吐したりします。
また、体がだるかったり、ふらふらしたり、
体に力が入らなくなったり、ぼーっとして
集中力がなくなります。
このような状態になると、判断力もなくなりますので、
車の運転や、機械の操縦をしていると、危険です。

軽症や中等症(Ⅰ度・Ⅱ度)の熱中症の対応は、
下記のとおりです。

・風通しのよい、涼しい場所へ移動します。
・着ている服を緩めたり、脱がせたりします。
・体温を下げます。
 クーラーのよく効いた部屋に移動させたり、
 体を水でぬらして扇風機の風に当てたり、
 首・脇の下・太ももの付け根に氷水を
 あてたりすると効果的です。
・スポーツドリンクや、0.1%程度の食塩水を飲ませます。
 0.1%食塩水の作り方は、500mlの水に、
 一つまみの食塩を溶かして作ります。

しかし、自分で水も飲めなかったり、飲んでも吐いてしまったり、
上記の対応をとっても症状がよくならなかったり、
一人で歩けないようでしたら、病院へ連れて行きましょう。

重度(Ⅲ度)の熱中症になると、
意識がなくなったり、トンチンカンな受け答えをしたり、
全身のひきつけ・痙攣を起こしたり、
体が以上に熱かったり、歩けなくなったりします。

このような症状のときは、すぐに救急車を呼びましょう。

熱中症の予防には、下記のことを心がけましょう。

1.暑さや湿度の高さに体が慣れるまで、3~4日かかります。
  少しずつ体を慣らしていきましょう。
  特に、急に気温が上がった日や、比較的涼しい日が
  続いた後に暑さがぶり返した日は、暑さに体が
  慣れていないので、注意が必要です。

2.体調管理をしっかり行い、生活習慣を整えましょう。
  睡眠不足や二日酔い、朝食を抜いた状態で、
  直射日光の下で仕事をするのは、絶対に避けましょう。

3.汗を吸収しやすい下着や、通気性がよく、熱を反射する
  白い服を着ましょう。

4.屋外で運動や仕事をする場合は、涼しい場所での休息を
  こまめにとりましょう。

5.暑いときには、のどの渇きを感じる前に、
  水分をこまめに取りましょう。
  のどの渇きを感じる頃には、
  体は脱水状態になっていることがあります。
  できれば、定期的(30分ごと)に水分や塩分を摂りましょう。

6.水分補給時には、スポーツドリンクや0.1%程度の食塩水を
  飲み、水分だけでなく塩分もとりましょう。

7.めまいやこむら返りなど、軽症の熱中症の症状が
  疑われたら、涼しい場所で休息しましょう。

8.湿度の高い屋内でも熱中症を起こすことがあるので、
  注意しましょう。

9.高血圧や心臓病、糖尿病、腎臓病で薬を飲んでいる人や、
  太った人、普段あまり運動をしない人、高齢者は
  熱中症を起こしやすいので、注意しましょう。
 
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。