病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ めまいの原因を探る! この検査でこんなことが分かります。

めまいの原因を探る! この検査でこんなことが分かります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
めまいは、身体のバランスを保つ”平行機能”に
障害が生じたときに現れます。
また、めまいがあるときには眼球が振り子のように
動く”眼振”という状態になることが知られています。

目は、平行を保つために必要な情報を脳に
伝える器官です。
そのため、眼振が起こるということは、
平衡機能の乱れが生じていることをあらわします。

そのため、めまいがあるときに行われる検査では、
ふらつきなど平衡機能の障害を見る検査と、
目の動きをみる検査があります。


《平衡機能の障害を見る検査》

・直立検査・片足立ち検査
”両足をそろえて直立””足を前後に開いて直立”
”片足立ち”で、それぞれ1分間立ち、
身体のふらつきを確かめます。
それぞれ目を開けた状態と、閉じた状態で調べます。

・書字検査
目を開けて文字を書いた後、目を隠して同じ文字を書きます。
目を開けて書いたときと比べて、どのくらい文字の乱れが
あるかを調べます。

・歩行検査
目を開いた状態と、閉じた状態で、まっすぐ歩きます。
ふらつきや、方向の偏りを見ます。

・足踏み検査
目を閉じて、両腕を前に伸ばした状態で50歩足踏みします。
平行機能が低下していると、同じ場所で足踏みしている
つもりでも、大きく動いてしまいます。
かたよりの程度を見る検査です。

・重心動揺検査
直立不動の姿勢を保っているつもりでも、
重心は微妙に変化するものです。
目を開いた状態と、閉じた状態で検査し、
重心の動きをコンピューターで分析すると、
正常範囲内か、異常値なのかが分かります。
また、変動パターンを解析することで、
平行機能障害の程度や、障害の原因が内耳にあるのか、
脳や中枢神経にあるのかの検討がつきます。


《目の動きをみる検査》

・注視眼振検査
1点を見つめたとき、脳幹や小脳などに障害があると、
眼振が現れます。

・頚部眼振検査
首にバイブレーターを当て、振動刺激を与えます。
首の筋肉や骨の異常、片側の内耳機能の低下があると、
特徴的な眼振が起こります。

・温度刺激検査
耳の中に冷たい水などをいれると、
内耳が健康な場合は眼振が起こります。
内耳に異常があると、眼振は起こりません。

・頭位眼振検査・頭位変換眼振検査
頭の位置を左右に動かしたときや、急に姿勢を変化
させたときの目の動きをみます。
内耳に障害があると、一定の眼振がみられます。

・回転刺激検査
イスに座り、イスを回転させたときに生じる目の動きを見ます。
内耳機能が低下していると、目振が起こります。

・視運動性眼振検査
等間隔に並んだ縦線が移動している映像を見ます。
小脳や脳幹に異常があると、ゆっくりした動きでも、
1本1本の線を見分けることができなくなります。

・指標追跡検査
スクリーンに投影された点の動きを眼で追う検査です。
小脳や脳幹に異常があると、スムーズに目を動かせず、
目の動きが乱れます。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。