病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ ペットボトル症候群に注意! 猛暑の夏、清涼飲料水の飲みすぎで突然倒れることも

ペットボトル症候群に注意! 猛暑の夏、清涼飲料水の飲みすぎで突然倒れることも

ペットボトル症候群をご存知ですか?
正式名称は「ソフトドリンク(清涼飲料水)・ケトーシス」といいます。
ケトーシスとは、糖質や脂質の代謝障害で、
体内のケトン体という物質が異常に増量する症状です。

大量にジュースなど、清涼飲料水を飲むことで、
血糖値が上昇し、血糖値を一定に保つ働きのある
インスリンの働きが、一時的に低下することにより発症します。

ペットボトル症候群の症状は、だるかったり、
意識が朦朧としたり、最悪の場合は突然倒れて
昏睡状態になることもあります。

市販の清涼飲料水の多くには、100mlあたり10g程度の
砂糖が含まれています。

10gというと、角砂糖3個弱。
2gのスティックシュガーだと、5本になります。
コーヒー1杯にスティックシュガーを5本も入れたら、
気持ち悪くて飲めませんよね(^_^;

しかもこれは100mlの数字。
500mlだと、5倍ですから、砂糖50g。
スティックシュガーなら25本分が、
1本のペットボトル飲料に入っているのです!

こんなに砂糖を使っている清涼飲料水を、
1日に何本も飲んでいると、ペットボトル症候群に
なりやすくなります。

甘い飲料を飲むと、血液中の血糖値が上がります。
それを薄めようとしてのどが渇きますが、
さらに甘い清涼飲料水を飲むと、さらに血糖値があがる、と
悪循環に陥ってしまいます。

患者は、人前でも平気でがぶ飲みする10~30代の
男性に多いとか。

猛暑が続く昨今の夏、熱中症対策や、脱水予防のため、
水分摂取に気を配るお母さんは多いですが、
ペットボトル症候群を知らない方も多いため、
知らず知らずのうちに、わが子をペットボトル症候群に
導いている人もいます。

ペットボトル症候群の治療は、インスリンの投与などです。
治療により症状は比較的早期に収まるケースが多いですが、
肥満体型の、いわゆる”糖尿病予備軍”の人たちは、
もともとインスリンの働きが悪くなっているため、
治療をしても効果が上がらないことも多いそうです。

このように意外な盲点的存在のペットボトル症候群ですが、
気をつけていただきたいのが、スポーツ飲料や野菜ジュース。
スポーツドリンクにも、平均して100mlあたり6gと、
決して少なくない量の砂糖が含まれています。

また野菜ジュースにはフルーツ果汁入りのものが多いですが、
フルーツ由来の糖分も、実は結構な量が入っていたりします。

水分補給には、水やミネラルウォーター、お茶などの、
糖分の入っていない飲み物を取るように心がけましょう。
意外と、こうした清涼飲料水が肥満の原因ということも多いのです。
ダイエットにもなって、一石二鳥かも!?
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.