病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 結核って今も怖い病気なの!? セキが続いていませんか?

結核って今も怖い病気なの!? セキが続いていませんか?

結核というと、JOYや、「ハリセンボン」の
箕輪はるかが感染して注目されました。

結核というと過去の病気と思っている方が
多いかもしれませんが、日本国内だけで、
年間2万4千人が発症し、2千人が亡くなっています。

結核は、決して過去の病気ではないのです。
最近でも、JOYや、「ハリセンボン」の
箕輪はるかが感染して話題になりました。

私の大叔父も、結核で亡くなりましたし、
知人も結核で入院しました。


結核は、”結核菌”によって肺に炎症を起こす病気です。
結核患者が咳やくしゃみをすると、飛沫とともに飛び散り、
周りの人がそれを吸い込むことによって感染します。
風邪やインフルエンザと同じですね。

しかし、結核に感染しても、健康で体力があれば、
通常は免疫機能が働いて結核菌の増殖が抑えられます。

10人の感染者がいても、発病するのは1~2人なのです。
発病しやすい人は、栄養状態が悪かったり、
加齢で体力が衰えた人です。

下記のような症状があったら、すぐに受診をしましょう。
・2週間以上セキが続く
・2週間以上微熱が続く
・2週間以上からだがだるい
・体重が減ってきた
・痰が出る
・胸が痛い

結核に感染しても、薬の服薬で完治します。
しかし、咳が治まったからといって自分の判断で
薬を飲むのを止めてしまうと、薬への耐性が増加した
結核菌となり、最悪の場合薬の効かない
多剤耐性菌になることがあるので、
決して自分勝手に服薬をやめずに、医師の指示に
従ってください。

薬の服用期間は一般的に半年ですが、
病状や経過によって長くなることもあります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.