病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 月経痛をガマンしすぎないで! つらすぎる月経痛は子宮内膜症の疑いも

月経痛をガマンしすぎないで! つらすぎる月経痛は子宮内膜症の疑いも

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
月経痛は程度の違いさえあれ、誰にでもあるものですが、
寝込んでしまったり、動くことができないほど痛んだり、
鎮痛薬が効きにくい場合は、「子宮内膜症」が疑われます。

「子宮内膜」とは、子宮の内側を覆っている粘膜状の組織で、
妊娠するときに受精卵が着床するところで、いわば
受精卵のベッドのような働きをする組織です。

毎月、女性ホルモンの働きで子宮内膜は
妊娠の準備のため厚くなりますが、妊娠しなかった場合、
血液と共に剥がれ落ちて月経となります。

子宮内膜症は、この子宮内膜に似た組織が、
子宮以外の部位にできる病気です。
この組織は、正常な子宮内膜と同様に、
子宮内膜と同時期に厚くなり、その後、出血します。

しかし、正常な子宮内膜と異なり、血液が排出されないため、
その場所にとどまったままとなり、炎症が起き、
痛みが生じます。
周囲の組織や器官と癒着して、引きつれて痛むこともあります。

子宮内膜症は年齢を問わず発症する病気で、
若い女性にも多いです。
月経のある女性の1割が、子宮内膜症の疑いがあるとも
いわれています。

子宮内膜症を放置していると、ガン化したり、
不妊の原因にもなったりするので、
疑いがある場合は医療機関を受診し、きちんと診断を受け、
治療することをお勧めします。


下記のような症状がある方は、子宮内膜症の疑いがあります。

・月経痛が寝込むほど痛い
・月経痛が、鎮痛薬が効かないほど痛い
・数ヶ月前と比べて、痛みが増している
・月経時以外でも腰や下腹部が痛い
・排便時や性交時に痛む
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。