大腸がんの自覚症状

大腸がんは、早期にはほとんど自覚症状がありません。
しかし、ガンの進行に伴い、次のような症状が現れます。


< 大腸がんのおもな症状 >

・血便が出たり、肛門から出血したりする
・便秘と下痢を繰り返す
・便が細くなる
・お腹が痛い
・お腹に「しこり」ができる
・貧血が起こる


中でも血便が起こる割合が高いです。
これは、がんの中心が潰瘍となり出血がおきるためです。
痔と勘違いする方もいますが、ガンによる血便の場合、
痔と違って肛門痛がなく、便に黒っぽい血液が混じったり、
黒い血塊が出るなどの特徴があります。

ただ、血便といっても便の表面にうっすら付着する程度の
ものもあるので、気づかないことも多いです。
盲腸がんや上行結腸がんのように、肛門から遠い場所の
ガンの場合は、なおさら気づきにくいので、
健康診断等で定期的に検査することが大切です。
ただし、女性の場合は不正出血の場合もありますので、
注意が必要です。

toire1.gif

大腸がんによって下血や血便が見られる状態でも、
痛みは全くないことがほとんどです。
痛みがないと病院へ行くのをためらいがちですが、
痔かどうかのチェックも含めて、
医師に診てもらうことが大切です。

まれに、腸の内腔が狭くなりことによる腹痛や腹鳴、
腹部膨満感や痛みを伴うしこりが初発症状として
現れることがあります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:大腸ガンの主な症状 大腸癌の自覚症状 血便 出血 便秘 下痢 おなかのしこり 腹部膨満感 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.