月別アーカイブ

涙嚢炎の症状と治療法

涙嚢炎(るいのうえん)は、涙嚢(るいのう)の感染症です。
涙嚢は、涙が流れ込む小さな袋のような器官です。

通常、涙は目から鼻へと流れていきますが、
鼻へとつながっている鼻涙管がつまり、
涙嚢に涙がたまって細菌感染を起こすと、
涙嚢炎になります。

多くは片方の目に起こります。

急性に起こる急性涙嚢炎と、長期にわたって進行する
慢性涙嚢炎とがあります。


■慢性涙嚢炎の症状と治療法

慢性涙嚢炎になると、目やにや涙がよく出るようになり、
目頭を押すと、涙点から膿汁が出てきます。

慢性涙嚢炎の治療は、抗生物質や消毒液で涙嚢を洗浄したり、
涙道へ細い針金を通して開通させたりしますが、
一時的で根治しにくいものです。

涙嚢を取り出す手術を行うか、涙嚢から鼻腔へ
別の涙の道をつくる手術を行わないと、
根治は難しいです。

慢性涙嚢炎を放置しておくと、急性涙嚢炎をおこすことがあるほか、
角膜を傷つけると、角膜潰瘍を起こして失明する危険がありますので、
根治して危険を取り除いておたほうが良いでしょう。

涙目を不潔にして放っておくと慢性涙嚢炎になりやすいため、
涙目のうちに、清潔にして慢性涙嚢炎に
ならないようにすることが大切です。


■急性涙嚢炎の症状と治療法

急性涙嚢炎の場合、涙嚢のあたりが腫れて、
痛みを伴います。

目は赤くなり、涙が止まらず、目やにが出たり、
ひどいときは発熱を伴ったり、顔の半分が
腫れることもあります。

急性涙嚢炎は、慢性涙嚢炎がすでにあり、
細菌が周囲の組織に出てきて、
急性の激しい炎症を起こしたものです。

放置していると涙嚢が破れて自然に治りますが、
涙瘻といって、涙嚢から新しい涙の道ができてしまったり、
痕が残ることもあります。

腫れた場合は、医師の診療を受けたほうが良いでしょう。

抗生物質を内服薬か点滴で投与して治療します。
膿瘍ができた場合は、切開を行って内容物を排出し、
急性涙嚢炎をまず治して、慢性涙嚢炎の状態に戻してから、
涙嚢を取り出す手術か、涙嚢と鼻腔へ
新しい道をつくる手術を行って根治させます。

新生児で急性涙嚢炎に罹る場合は、先天的に涙道の一部に
通過障害がある場合が多いです。
この場合、出生直後から流涙(涙が多い状態のこと)が
見られますので、注意してください。
| 2012年01月31日 | その他の病気 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.