月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

血小板数(Plt) |検査値の見方 【検査値ガイド】

血小板は血液の成分の1つで、出血した際に
血液を凝固させ、血栓を形成して出血を止める
役割を果しています。

血小板数が減ると、血液凝固作用も低下し、
出血しやすくなったり、血が止まりにくくなったりします。
そのため、ちょっとしたことでも青あざができたり、
鼻血が出やすかったり、
出血がなかなか止まらなかったりします。

特に、貧血があって、慢性出血が疑われるときに
必ず行われる検査が、血小板数(Plt)の検査です。

逆に血小板数が多くなりすぎると、
血液が固まりやすくなるため、血液が固まってできた
”血栓”が血管を塞いで、脳梗塞や心筋梗塞になる
危険性が高くなります。


■血小板数(Plt) の異常と考えられる病気

血小板数は運動後や感染症にかかると高くなり、
逆に外傷やヤケド(熱傷)などでは低くなる傾向があります。

血小板数(Plt) の基準値は、男性が16.3万~38.9万/μl、
女性が16.0万~38.0万/μlとなります。

基準値より高いと、本態性血小板血症、
慢性骨髄性白血病、真性多血症、
反応性増加(出血・溶血など)などが疑われます。

基準値より低い場合は、特発性血小板減少性紫斑病、
再生不良性貧血、白血病、脾機能亢進症、
播種性血管内凝固症候群(DIC)、肝硬変、
全身性エリテマトーデスなどが疑われます。

血小板数が10万/μl以下になると血が止まりにくくなり、
5万/μl以下になると鼻血が出やすくなったり、
自然に皮下出血をしたりして肌に紫色の斑点が出たりします。
3万/μl以下では腸内出血や血尿が現れ、
2万/μl以下では生命に危険を生じます。

血小板数(Plt) が5万/μl以下の方は、
日常生活でも細心の注意を払って、
身体に傷をつけないように気をつける必要があります。

また、血小板数が少なめの人は、
歯ぐきの出血や鼻血など、原因がよくわからない
出血があった場合は、すぐ医師に診てもらうように
したほうがよいでしょう。


■血小板数(Plt) と出血傾向

血小板数(Plt)をはかると、出血傾向の原因が
量的なものか、質的なものなのかが推測できます。

出血傾向とは、出血しやすく、いったん出血すると
なかなか止まらない状態をいいます。

出血傾向には、血小板性の出血、血管性の出血、
凝固因子性の出血、これらの複合型の出血の
4つのタイプがあります。

出血傾向の症状は、はぐきの出血、鼻血、血尿、
月経過多、関節の内出血、知らないうちに皮下出血して
紫斑ができるなどで、以前より出血しやすいという
自覚症状がある場合は要注意です。

医療機関に罹り、血小板数(Plt)を測定してもらったほうが
よいでしょう。
スポンサーサイト
| 2011年12月27日 | その他の病気 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。