月別アーカイブ

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア,FD)と漢方薬

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア,FD)とは、
胃もたれや胃痛などの症状があるのに、胃カメラなどの
胃の検査で異常が見つからない状態を指します。
日本人の4人に1人が発症するほど多い病気ですが、
原因も、治療法もよく分かっていません。

機能性胃腸症には、下記の診断基準が定められています。

1.つらいと感じる食後の胃もたれ
2.食事をしてもすぐに食べられなくなってしまう早期膨満感
3.みぞおちの差し込むような痛み
4.みぞおちの灼熱感

上記4つのうち1つ以上が半年以上前からあり、
最近3ヶ月も同様の症状を繰り返していて、
かつ胃の検査で原因となる異常が確認されない場合に
機能性胃腸症と診断されます。

機能性胃腸症の原因は、ストレスや、
胃や十二指腸の知覚過敏などが考えられていますが、
まだはっきりとは分かっていません。

健康な人の胃は、食べたものが入ってくると
胃の上の部分がふくらみ、波打つような動き(蠕動)が起こり、
胃液と食べ物が混ざって消化され、十二指腸へ送られます。

しかし、機能性胃腸症の人の胃では、
食べたものが入ってきても胃が広がらないため、
すぐに満腹感を感じてしまいます。

また、蠕動運動が弱く、胃の中に食べ物が長時間残るため、
胃もたれやお腹の張りを感じます。

さらに、胃液に含まれる胃酸などに、
胃や十二指腸が過剰に反応する知覚過敏により、
痛みや灼熱感を感じます。

治療には、胃酸の分泌を抑える薬や、
消化管の運動を改善する薬、
ピロリ菌の除菌などが行われていますが、
かならずしも効果があるとは限らない状態です。

現在、新しく研究されているのは、
漢方薬を用いた治療方法です。

「六君子湯(りっくんしとう)」と呼ばれる
胃の働きを改善するとされる漢方薬を用いた
臨床試験が行われています。
| 2011年04月26日 | その他の病気 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.