月別アーカイブ

妊娠中と産前産後の腰痛と、その対策

妊娠中に腰痛を訴える人は多いです。
妊娠をすると、体重が増加したり、
大きくなったおなかを支えるために
腰に負担がかかるため、
腰痛になりやすくなります。

女性ホルモンの一種の「リラキシン」は、
出産の時に大きな働きをするホルモンですが、
じつはこのリラキシンが腰痛の原因になのです。

リラキシンは、おかあさんの骨盤をあかちゃんが通る時、
狭い骨盤を赤ちゃんが通りやすいように広げるため、
恥骨結合と呼ばれる箇所を暖める働きをします。

リラキシンは出産時だけでなく、妊娠中、産後、
そして月経の前などにも分泌されており、
骨盤やその他の部位の関節を緩めます。
そして、関節を支える働きをする靭帯にまで作用し、
緩めてしまうのです。

靭帯が緩むと関節の動く範囲が大きくなり、
それを支える腱や筋肉に過度の負担がかかってしまい、
腰痛につながるのです。

ホルモンの分泌はコントロールできませんが、
体重や筋力はコントロールできます。

妊娠中は身体が重くなるので運動不足になりがちですが、
母体の健康をかんがえると適度に身体を動かすことが
マタニティライフを快適に過ごすポイントです。

運動不足は体重増加につながり、
腰に負担をかけて腰痛の原因にも成ります。
また、適度に身体を動かすことにより、
筋力が衰えず、結果、腰を支える筋肉を
サポートしてくれます。

産後も、骨盤はしばらく緩んだままなので、
腰痛が起きやすい状態です。

広がった骨盤を正しいバランスで元に戻すには、
産後用のコルセットやベルト等で締めることが効果的です。
あわせて、骨盤を締めるエクササイズをすると尚良いでしょう。

また、産後は赤ん坊をおんぶしたり、抱っこしたりして、
腰に負担がかかります。

出産後のおかあさんの身体は、
健康に見えても妊娠前と同じ状況ではなく、
完全に回復する迄には2ヶ月ほどはかかります。
あかちゃんのお世話以外の家事は
無理をしないで、体の回復に努めることも大切です。

また、赤ちゃんを抱っこをする時は、どうしても
左右どちらかに重心をおくことになりますが、
出来るだけ意識して一方に偏りすぎないようにしましょう。
おんぶと抱っこ、どちらにも使用出来る専用ベルトを使うと
正面で抱っこすることが出来るのでオススメです。
| 2010年09月29日 | 腰痛 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.